理事長メッセージ 学園概要 事業 計画・報告 東京成徳広報 キャンパスマップ
ホーム >

理事長メッセージ

理事長メッセージ このページを印刷する

理事長メッセージ 

写真:理事長メッセージ

ごあいさつ

 

 東京成徳学園は、大正15年(1926年)、現在の東京都北区に王子高等女学校を設置したことを始まりとする、80年余の歴史と伝統を持つ学園です。
 開学以来、「成徳=徳を成す」ということを学園の建学の精神として、人間として信頼されながら社会に貢献する、数多くの人材を社会に送り出してきました。
 また、建学の精神という不易の部分を堅持する一方、流行の部分では、新しい社会のニーズに積極的に対応し、学習分野を拡大してきました。その結果、現在では、大学院、大学、短期大学、高等学校、中学校、幼稚園からなる学園に発展しています。
 本学園では、学生・生徒・園児と教職員とが、親しく触れ合うことを大切にしています。これからも、これまで築いてきた伝統を大切にしつつ、多様な社会のニーズに対応していく所存です。

 

建学の精神 

本学は、「成徳=徳を成す」人間の育成を建学の精神としています。徳は他者との関係におけるおおらかで素直な心を示しますが、子供の純真さとは異なり、社会人として他者から信頼・評価を得るような実践的な能力に裏付けられたものでなければなりません。

こうした社会に活きる力を涵養しつつ、それぞれの人格の完成の契機となるような教育を本学は理想としています。

上記の建学の精神に基づいて、次のような教育目標を掲げています。

1.おおらかな徳操
2.高い知性
3.健全なる身体
4.勤労の精神
5.実行の勇気

学園のシンボルマークについて

写真:シンボルマーク

「理想」と「若さ」を表わすブルーの5本の柱は、5つの教育目標を、「活力」と「勇気」を表わしたイエローの3本柱は、学生・生徒と教職員、同窓生を象徴しています。

そして、8つの柱が一体となり、東京成徳学園と学園に集う人々のヒューマニティーを作り上げる姿を表現しています。

 
お問い合わせ
 
東京成徳学園
東京成徳大学大学院
東京成徳大学
東京成徳短期大学
東京成徳大学 高等学校
東京成徳大学 中学校(中高一貫)
東京成徳大学深谷高等学校
東京成徳大学深谷中学校
東京成徳短期大学 附属幼稚園
東京成徳短期大学 附属第二幼稚園